学童保育とは?仕事内容や学童保育の求人を探せる転職サイトを紹介

スポンサーリンク

保育園 園内
学童保育とは通称であり、正式名称は、「放課後児童健全育成事業」になります。

学童保育は、小学校の授業が終了後や夏休みなどの長期休みに、保護者が仕事により昼間家庭にいない児童に対して、遊びや生活の場を与える施設です。保育園では、乳児・幼児の面倒を見ますが、学童保育では、小学校に就学している児童が対象です。

学童保育での仕事内容

学童指導員の仕事は、放課後に子どもたちが学童保育に来てから家に帰るまで、安心して過ごせるよう、生活環境を整えることです。

具体的には、児童が遊ぶの見守ったり、一緒に遊んだり、宿題の面倒を見たり、おやつを食べたりなどです。また児童が悩んでいれば相談に乗ることや、保護者の児童に対する悩みの相談に乗ることもあります。

さらに細かく、難しく、学童保育での仕事内容を解説すると以下の通りになります。

  • 子どもの健康管理、出席管理など安全確保や情緒の安定を図ること
  • 遊びを通した自立性、社会性、創造性の育成
  • 自主的に学習活動ができるような環境づくりと援助
  • 基本的生活習慣についての援助、自立に向けた手助け
  • 家庭との情報交換、家庭や地域での遊びの環境づくりへの支援
  • 児童虐待の早期発見と児童相談所や保健所などの関連機関との連携
  • その他、放課後後における子どもの健全育成に必要な活動の実施

保育士の仕事と類似している点が多いため、保育園で働いた経験がある方は学童保育の仕事にスムーズになじめるでしょう。

正社員だけでなく、契約社員、パートなど、多様な勤務形態での募集があります。また、保育士の資格があれば、学童保育での勤務経験がなくても、学童クラブ指導員の資格がなくても採用してもらえる場合がほとんどです。

学童保育の求人を探せる転職サイト

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

学童保育の求人が豊富な保育専門の転職サイトです。日本全国を対象としており、正社員だけでなく、契約社員やパートの求人も充実しています。

また、転職・就職に詳しいプロのコンサルタントによるサポートを無料で受けられるので、「手っ取り早く転職したい方」「疑問や不安をプロの相談したい方」「転職が初めての方」におすすめです。

その他以下のサイトでも学童保育の求人を探せるので参考にしていただければと思います。

学童保育の仕事のやりがい

塾 幼児教室
学童保育では、小学校1年生から6年生までの面倒を見ることになり、子どもたちの変化がかなり著しい時期でもあります。低学年の子どもたちと高学年の子どもたちとでは、職員に求められる役割や具体的な関わり方も異なるのです。

学年だけでなく子どもそれぞれの個性にもよりますが、日々成長する子どもたちの姿に触れ、その発達の過程を理解しながら、子どもたちに合った関わりや援助を考えていくことが大切な仕事です。

子どもたちは、いろいろな人との関わりのなかで、うまくいかないと感じたり、反発したりしたくなったりするようなことが出てくるかもしれませんが、そこで悩んだり、振り返ったりすることも、発達の過程においては重要なことです。このような過程を通じて、自己意識が芽生え、子どもたちは思春期に入っていきます。

そのような変化の著しい時期に、子どもたちの成長を見届けられるが学童保育の仕事であり、保育士とはまた違う、大きなやりがいともいえます。