保育士の採用もある児童福祉施設とは?特徴や施設形態を解説

スポンサーリンク


保育士の転職先、就職先として真っ先に思いつくのが保育園だと思います。しかし保育士が働ける職場はそれだけはありません。

保育士は保育所(保育園)を含む様々な児童福祉施設で働くことができます。

では、「児童福祉施設」どんなところなのでしょうか?

ここでは、児童福祉施設について具体的に解説していきたいと思います。

児童福祉施設とは?

児童福祉施設とは、児童福祉法に定められた施設のことです。何だかよく分からないと思いますが、例えば保育所(保育園)も児童福祉施設の1つです。

その他、お金がなく助産入院ができない人の支援を行う「助産施設」、保護者のいない児童・虐待を受けている児童を養護する「児童養護施設」も児童福祉施設になります。

また児童福祉施設によって、その目的や機能、子供の年齢や背景、保育士に役割に違いがあります。

児童福祉施設の基準

児童福祉施設の子供の心身や生活兄用に大きな影響力を持つことから、

・設置すべき整備内容
・職員の種類と人数
・守るべき支援の原則と内容
・保護者や関係機関との連絡・連携

など、運営全般に関する基準が定められています。

例えば、児童福祉説の原則として、
「入所者の人権には配慮すると同時に地域社会との、交流を通して運営されること」
「施設の職委員は、豊かな人間性と倫理性を備え、児童福祉事業に熱意があり、児童福祉の理論や実際について訓練を受ける必要があること」
「食事を提供するときは、その献立はできる限り変化に富み、子供の健全な発育に必要な栄養量を含むものでなければいけないこと」

などが示されています

児童福祉施設の種類

助産施設

助産施設とは、お金がない人でも、安心して出産できる環境を提供するための施設です。

例えば異常分娩の可能性があり、助産を受ける必要があるが、入院費用や出産費用を払うことができない場合、助産施設を利用することで、格安で助産を受けられるのです。

この助産施設には、乳児や妊婦のケアをしたり、母親に育児指導をしたりといった業務があり、保育の知識を持っている保育士を置くことになっています。つまり、保育士の資格を持っていれば、助産施設で働けるのです。

乳児院

乳児院とは、親の病気、死亡、経済的理由、虐待などの理由で、親と生活ができない子供を保護、養育するための施設です。栄養状態が悪かったり、障害を持っていたりする子もいるため、保育士、医師、看護師、栄養士など、様々な職員が一丸となって24時間体制で、子供の養育を行います。

一般的な保育所とは、勤務体系や育児方針などが異なる点もありますが、他では得られない達成感や経験を得られる場でもあります。

母子生活支援センター

離婚による経済的に困窮、夫からのDV被害などにより、子供の養育、生活が困難になった18歳未満の母子家庭を対象とした施設です。

ここでは、母親と子供に対して、生活安定のための相談や援助を行います。例えば、母子が一緒に生活できる住居の提供、就労・家庭生活の相談や助言など。

特にDV被害に遭った方が最も多く、DV被害者の後、自立支援のための施設として重要な施設にもなっています。

保育所

いわゆる保育園のことです。

保育を必要とする乳児、幼児を保護者の元から通わせて、保育を行うことを目的とする施設です。

幼保連携型認定こども園

認定こども園のことです。

満三歳以上の幼児に対する教育、そして保育を必要とする幼児、乳児の保育を一体的に行う施設です。簡単に言うなら保育園と幼稚園を1つにした施設ということです。

乳児または、幼児に健やかな成長を図られるよう、適当な環境に与えてその心身の発達を助長することを目的としています。

児童厚生施設

児童遊園、児童館などが児童厚生施設にあたります。

児童厚生施設では、児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進すること、そして自己や他人に尊敬や軽蔑などの感情や、学問、芸術、道徳、宗教などの文化的価値を有対する感情を養うことを目的としています。

児童養護施設

児童養護施設は、離婚、災害、自己、親の離婚などの理由により保護者のいない児童、または虐待を受けている児童を養護する施設です。また施設を退所する際は、自立のために支援を行います。

条件が整えば、乳児から20歳までの子供が利用できます。

障害児入所施設

身体障害、知的障害、精神障害のある児童などを対象に、保護、日常生活の指導と、自活に必要な知識や技能を身につけさせるための施設です。

例えば食事、入浴などの介護や日常生活の支援、身体能力向上のための訓練などすることで、障害者に対してサービスを提供します。

障害児童入所施設がそれほど多くないこともあり、ネットで求人を探すのは困難です。興味のある方は、各自治体の障害児童入所施設のWEBサイトを確認するようにしましょう。

児童発達支援センター

身体に障害のある児童、知的・精神に障害のある児童、発達障害の児童が通う施設です。障害のある未就学児が、日常生活を円滑に送るための指導を受けたり、集団生活に適応するための訓練を受けたりします。

福祉サービスのみを行う福祉型と、福祉サービスと治療を行う医療型の2つのタイプがあります。医療型については、上肢、下肢、体幹機能に障害のある児童が対象となっています。

児童発達支援センターでは、保育士に以外に、嘱託医、児童指導員、栄養士、調理師なども併せて勤務します。

児童心理治療施設

家庭環境、学校、その他の環境上の理由により、社会生活への適応が困難となった児童に対し、社会でいきるために必要な心理に関する治療や生活指導を主として行います。また相談、その他の援助を行うことを目的とする施設です。

児童は、短期間、入所するか、または保護者の下から通うことで、児童心理治療施設を利用します。

児童自立支援施設

不良行為した、もしくはする可能性がある児童と家庭環境、その他の環境上の理由により生活指導などを要する児童に対して、必要な指導と自立支援を行う施設です。

児童は入所するから、もしくは保護者の下から通うことになります。また、自立目指した退所した後も、相談に応じたり、必要な支援をしたりします。

児童家庭支援センター

子供と家庭に関する様々な相談に応じる専門援助機関です。

また、児童相談所、児童福祉施設などと連絡調整も行います。児童相談所の補完的な役割を担う場として児童福祉施設などに設置されます。

児童福祉施設の求人が見つかる保育士専門転職サイト

保育所、認定こども園などの求人は、どの転職サイトでも見つけることができます。

一方その他の、助産施設、乳児院、児童自立支援施設などの求人は、一般的な転職サイトで掲載されていない場合もあります。希望の施設の求人が転職サイトで見つからない場合は、各自治体のホームページから求人を探してみることをおすすめします。

ちなみに、保育所、認定こども園以外の児童福祉施設の求人を掲載しているサイトは以下の2つです。

保育士バンク
保育のお仕事

このページで紹介した児童福祉施設の求人を見つけるのであれば、上記の転職サイトを一度チェックしてみることをおすすめします。