保育士に復職を目指す人が面接で必ず聞かれる1つの質問とは?

保育士の復職 面接

半年や1年、3年などの離職期間を経て、保育士の仕事に復職を考えている方もいると思います。

半年以上の離職期間がある場合、面接で必ずといっていいほど聞かれる質問が1つあります。

それが、「離職期間中は何をしていたのですか?」というものです。

人手不足の保育業界では、よほど問題がない限り採用を見送れらることはないでしょうが、面接官が納得できるような回答をする必要があります。

このページでは、その回答のポイントを紹介します。

育児で離職していた場合は、正直に回答して問題ない

結婚をして子供が生まれたのを機に離職していた場合、それを正直に答えて問題ないでしょう。

保育士経験者であることは間違いありませんし、また育児をした経験は、面接でも評価してもらえます。

「子供が生まれた時に前職を退職し、1年間育児に専念していました」といったようにシンプルな回答で問題ないでしょう。

旅行していた、別の仕事をしていた場合は、回答を工夫する

仕事が嫌になって半年や1年、別の仕事をしていた、特に何もしていなかった場合、「働く意欲がないのではないか?」「またすぐに辞めてしまうのではないか?」といった疑問を持たれる場合があります。

そのため面接で離職期間の説明をするときは、少し工夫が必要です。

ポイントは、その経験がいかに自分にとって大切なものであったのかなどを回答し、ポジティブに終わらせることです。

例えば、

「精神的に疲れてしまったこともあり、一度、保育の仕事から離れ別の仕事をしていました。しかし、友人の子供を見た時、やはり自分は子供が好きであるということ、保育士という仕事の大切さややりがいなどを改めて感じました」

といったように回答すると、ポジティブな回答で終わらせることができます。

上記はあくまでも一例であり、ご自身の状況によって回答を変える必要があります。

大切なのは「嫌だから辞めていた」というネガティブな回答で終わるのではなく、ポジティブな回答で終わらせることです。そうすることで面接官も「採用して問題ないな」と納得してくれます。

復職の不安はプロに相談して解決する

転職エージェント 女性

ここまで、保育士に復職する際の注意点を紹介してきました。

その他にも、復職で転職できる求人の探し方が分からない、フルタイムではなく時短勤務したいといった疑問や不安もあると思います。

それらを解決するならプロに相談でいる転職サービスを利用するのがおすすめです。

例えば保育士専門の転職サービス、保育ひろばでは、保育士の仕事や転職事情を理解しているプロのコンサルタントが無料であなたの復職をサポートしてくれます。

希望に合った求人を探してくれたり、面接のアドバイスをくれたり、仕事に復帰する際の注意点を教えてくれたり、何から何までサポートしてくれるので、転職活動が楽になります。

以下のページでまとめているので、参考にしていただければと思います。
https://hoiku-tensyoku.work/osusume-agent/