仕事が忙しい保育士がプライベートの時間を増やす方法とは?

スポンサーリンク

仕事が忙しい保育士がプライベートの時間を増やす方法とは?
「仕事が忙しくてプライベートの時間を持てない」
「もっと時間に余裕のある働き方をしたい」

そんな悩みを解決するために転職を考えている方もいると思います。そこでここでは転職によってプライベートの時間を増やす具体的に方法について紹介します。

残業、休日出勤がない職場に転職する

まず思いつくのが、残業や休日出勤がない保育園・保育施設に転職することです。

例えば、私立の保育園でも、地域や施設の規模、スタッフの人数の違いによって、残業がほとんどない場合があります。

また、施設形態によっても、忙しさが変わります。

例えば、保育園ではなく、企業や病院に設置されている事業所内保育所に転職するのも有効な方法です。事業所内保育所は、企業・病院の営業時間に合わせて開いているので、残業や休日出勤は基本的にありません。

求人を探すときはサポートがある転職サイトを利用する

求人を探す際は、キャリアアドバイザーのサポートを受けられる転職サイト(転職サービス、人材紹介などとも呼ばれる)を利用するようにしましょう。

このようなサイトでは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの希望に合致した求人を紹介してくれます。例えば、「残業や休日出勤がない職場に転職したい」と希望を伝えれば、その希望に合致した求人を紹介してくれます。

またネットには公開されない非公開求人を紹介してもらえる場合もあるので、1人で求人を探すよりも、希望の求人を見つけやすくなります。

保育士求人に特化した転職サイト【おすすめ3サイトを紹介】
どの転職サイトがいいのかわからない! 求人が多い転職サイトを知りたい! 保育士専門の転職サイトはたくさんあってどれを使えばいいのか分かりませんよね。 そこでここでは、数ある転職サイトを調査し、自信をもっておすすめできる転職...

家から近い職場に転職する

通勤に1時間かかっているなら、家から10分の職場に転職することで、往復で100分の自由な時間が増えます。微々たるものに思えるかもしれませんが、100分は約2時間です。プライベートの時間が毎日2時間近く増えるようになるのです。

通勤時間は1円にもなりません。1時間かけて通勤しようが、10分で通勤しようが、給料が変わるわけではありません。

あまり家から近すぎると、休みの日に保護者や園児に遭遇する可能性があるので、ある程度、距離は置いた方がいいでしょう。しかし、プライベートの時間を増やすなら、家から近い職場に転職することも考えるべきです。

雇用形態を見直す

正社員・正職員は、仕事が終わらなければ残業をし、スタッフが足りなければ休日出勤をしなければいけません。

一方、パートや派遣社員は、決められた時間だけ働き、残業も基本的にありません。また勤務日も事前に決められた日だけです。

派遣社員になると、ボーナスや昇給はなく、また福利厚生も受けられなくなります。しかし、週4日や、半日勤務など、時間に融通が利く働き方が可能になります。また休みも自分の思い通りに決められるようになるため、旅行、帰省、合コンなど、様々な予定も立てやすくなります。

人生において最も大切なのが、時間なのか、お金なのか?

時間であるならば、収入が減ってもプライベートを優先できる雇用形態で働くべきです。

別の仕事に転職する

特別なこだわりがないのであれば、全く別の仕事に転職するのも一つの方法です。

例えば、一般事務や受付、カスタマーサポートなどの仕事であれば、残業や休日出勤も基本的にありません。また保育士に比べれば、身体的にも楽な仕事でしょう。

他にも残業や休日出勤がない仕事は、探せばたくさん見つけることができます。

しかし一方で、保育士よりも忙しい仕事もたくさんあるので、別の仕事に転職する場合は、勤務条件をしっかりチェックする必要があります。

保育士から異業種に転職【経験を活かせるおすすめの仕事】7つを全解説
保育士になったのはいいけれど、予想以上の激務や、人間関係の難しさ、給与水準の低さなどから転職を考える方もいるでしょう。 そこでここでは、保育士から異業種への転職でおすすめの仕事を紹介します。 紹介するのは、以下のような特...