週3日、週4日、時短勤務などで保育士を始める方法とは?

スポンサーリンク


家事・育児をしている、時間に余裕をもてる働き方をしたい。これらの理由で時短勤務や週3勤務をしたいという方もいると思います。

保育士は、週5日の8時間勤務が一般的です。しかし最近では、保育士が不足していることから、フルタイムではなくても働ける保育園がふえています。

派遣社員・パートなら週3日勤務、時短勤務などが可能

さすがに正職員だと、フルタイムでの勤務となりますが、派遣社員やアルバイト・パートなら、週3日勤務、16時まで、といった働き方が可能です。

また派遣社員やアルバイト・パートであれば、基本的に残業はないので、時間通りに退社することができます。

夜間保育、延長保育、休日保育などを実施している保育園であれば、平日の日中だけでなく、いろいろな時間帯に仕事ができます。

つまり、働けるときだけ、働くことができるのです。

派遣社員やアルバイト・パートの場合、正社員よりも給料は下がります。しかし、その分、時間に融通の利く働き方を手に入れることができます。

派遣社員・アルバイト・パートの求人が見つける転職サイト

派遣社員・アルバイト・パートの求人が充実しているのは以下の2つのサイトです。

どちらのサイトのも保育士求人を専門にとりあつかっており、派遣社員、アルバイト・パートの求人が充実しています。

例えば、週3日勤務、ブランクOK、16時退社可能、高時給など、様々な条件で求人を見つけられるのです。

上記2つのサイトは、自分で求人を探すのではなく、アドバイザーの方があなたの代わりに探して紹介してくれます。

「週3日程度で勤務したい」と希望を伝えれば、アドバイザーが見合った保育園の求人を紹介してくれるのです。求人サイトで希望に条件を入力して求人を探す、という手間のかかる作業をすべて代行してくれるのです。

また、就職するためのアドバイスももらえるので、自力で就活を進めるよりも楽に就職活動を進めることができます。

在宅ワークをする

時間に融通の利く仕事をしたいのであれば、保育士に以外の仕事も考慮してみてください。

例えば、在宅できる文章作成やデータ入力、テレアポの仕事が最近ではふえています。

しかもシフトや最低時間などは決まっておらず、好きなときだけ仕事ができます。子どもが寝た後の1時間、2時間などでも、収入を得られるのです。

在宅でできる仕事は【ママワークス】で調べることができます。特別なスキルや経験がなくても、初心者でもできる仕事がほとんどです。

「保育士以外の仕事でも、時間に融通の利く仕事をしたい」という方は、在宅ワークという選択肢も考慮してみてください。
[no_toc]