保育士が年収を上げる具体的な3つの方法

スポンサーリンク

給料アップ

転職して給料を上げるには、今よりも高収入を得られる保育園・施設の求人を探して転職すればいいのですが、実は、それ以外にも、給料を上げる方法が存在します。

「高収入を得られるの保育園で働きたい!」

そんな願望を抱える保育士さんのために、ここでは転職で給料を上げる具体的な方法を3つ紹介します。

転職サポートがあるサイトを使ってコンサルタントに給与交渉をしてもらう

転職サイト 女性

保育ひろば」や「マイナビ保育」「保育士ワーカー」のような保育士専門の転職サイトでは、プロのコンサルタントのよる無料の転職サポートを受けられます。

希望に合った求人をしてくれたり、履歴書のアドバイスをしてくれたりと、様々なサポートを受けられるのですが、

サポートの一つに「条件交渉の代行」というものがあります。

これは内定が出た際に、担当のコンサルタントがあなたに代わって保育園側と給料の交渉やその他の勤務条件の交渉をしてくれるとてもありがたいサポートです。

人材紹介以外の転職サービス、例えば求人広告を利用した場合は、給料の交渉は自力で行わなければいけません。

しかし、交渉の経験がない人にとってはとてもハードルの高いことです。

せっかく採用してくれたのに「給料はいくらで!」なんてとても言い出せません。

人材紹介ならば、転職者の味方であるコンサルタントに「いくらぐらいで働きたいです」と伝えておけば、後はすべて引き受けてくれます。

人材紹介会社は1円でも高い給料で転職して欲しい

なぜ、人材紹介会社が給料交渉をしてくれるのか?

人材紹介会社は、転職した人の想定年収の、数十パーセントを手数料として採用側(保育園・企業)から受け取ります。

月収20万で採用されるよりも、月収30万で採用された方が、人材紹介会社の儲けも大きいのです。

そのため転職のプロであるコンサルタントが転職者に代わって、給料の交渉を引き受けてくれるのです。

もちろん転職希望者は無料です。

プロのサポートを受けられる保育士専門転職サイトについて|具体的なサービス内容とサイト選びのコツ、おすすめのサイトを解説
保育士求人を専門にした転職サイト(求人サイト)のなかには、プロのサポートを受けられるサイトがあります。 エージェントということもあるのですが、これってどんなサービスなのか? 具体的などんなサポートを受けられるのか? わからない...

非公開求人に応募する

インターネットに公開されている求人だけがすべてではありません。

条件が良く、ネットの求人サイトに公開すると応募が殺到してしまうので、あえて非公開にしている求人というものが、存在します。

それを非公開求人と呼び、非公開は、一般に公開されている求人に比べ、給料や勤務条件が良い場合があります。

つまり、非公開求人に応募することで、給料アップを狙えるのです。

では、非公開求人はどうすれば見つけられるのでしょうか? 

非公開求人は人材紹介サービスで紹介してもらえる

非公開求人は先に紹介した、人材紹介サービス例えば、「保育ひろば」や「マイナビ保育」を利用することで紹介してもらえます。

より高い給料の求人を探すコツは、複数の人材紹介サービスを使うことです。

人材紹介によって保有している求人は違います。複数利用することで、より多くの非公開求人を紹介してもらえるので、高い給料の求人を見つけられる可能性が高くなるのです。

人材紹介サービスは以下の記事でまとめて紹介していますので、参考にしていただければと思います。

プロのサポートを受けられる保育士専門転職サイトについて|具体的なサービス内容とサイト選びのコツ、おすすめのサイトを解説
保育士求人を専門にした転職サイト(求人サイト)のなかには、プロのサポートを受けられるサイトがあります。 エージェントということもあるのですが、これってどんなサービスなのか? 具体的などんなサポートを受けられるのか? わからない...

雇用形態を見直す

雇用形態を見直す

一般的に保育士の給料は以下の順に給料が上がります。

アルバイト・パート<派遣社員<契約社員<正社員

正社員が最も高く、アルバイト・パートが一番少ない、構造です。

より給料の高い雇用形態で、例えば現在、アルバイトとして働いているなら派遣社員として、契約社員なら正社員として働くことで、給料を上げることができます。

責任の違いや勤務時間の違いを考慮して雇用形態は決める

単純に給料額で考えれば、正社員が最も高くなっています。

しかし、正社員になればブルタイムで働かなければいけませんし、残業が発生することもあります。またアルバイトや派遣社員に比べ、責任のある仕事を任されるようになります。

雇用形態を変える場合は、勤務時間の変化や任される仕事の責任の重さなども考慮するようにしましょう。

契約社員と正社員であれば勤務時間や仕事の責任の重さなどはそれほど変わらない場合があるので、現在、契約社員で働いている方は、正社員を目指すのもありでしょう。

同じくアルバイトと派遣社員であれば、それほど勤務時間や仕事の責任の大きさは変わらないので、現在、アルバイトとして働いている方は、契約社員で働くのもありです。契約社員の方が、給料が高い場合もあるので。