なぜ面接では第一印象が重要なのか?第一印象を良くする方法とともに解説

スポンサーリンク

面接対策"

保育士の中途採用の面接では、自己PRや志望動機、転職理由などを入念に準備することが大切です。

しかしそれ以上に、重要なのが、第一印象です。

このページでは、面接で第一印象が重要である理由と、第一印象をよくするためのコツについて解説していきます。

なぜ、面接では第一印象が重要なのか?

なぜ、面接では第一印象が重要なのか?

採用担当者は、志望動機や転職理由などの他に、応募者の見た目を見ています。

見た目とは、容姿の良い・悪いではなく、服装や振る舞い、態度、話し方、挨拶、マナーなどのことです。

応募者の見た目から保育士に適しているかが見られている

例えば、挨拶ができない、無愛想、派手な見た目の保育士さんがいたら、親御さんは「この人に子供を預けて大丈夫だろうか?」などと心配になります。

そのため面接官は、人の大切な子供を預かる人間としてふさわしいかどうか、見た目からも判断しているのです。

そしてこの見た目を評価に大きな影響を与えるのが第一印象です。

見た目の評価は第一印象で決まる

第一印象は、人の評価に絶大な影響を与えています。

簡単にいうならば、第一印象さえ良ければ、見た目の評価は合格なのです。さらにその後に話す内容に関してもいい評価を得られるようになります。

逆に、第一印象が悪いと、見た目の評価が悪いだけでなく、自己PRや志望動機の内容も、悪い評価を下される可能性があります。

第一印象を良くするために注意したいポイント

面接官に好感を持つ

第一印象をよくするコツの1つは、面接官に好感を持つことです。

無愛想な面接官、威圧的な面接官など、様々な面接官がいますが、どんな人が来ても無理やり好感を持つのです。

相手に好感を持ち、信頼することで自分の表情も自然に柔らかくなります。また相手にしっかりと話が伝わるような話し方にもなります。

変に印象を良くしようと注意しなくても、自然と相手に良い印象を与えることができるのです。

面接での身だしなみにおける注意点

身だしなみはとにかく清潔感を出すことが大切です。ほんの少しの気配りだけで相手に与える印象は大きく変わります。当日は朝だけでなく、面接の直前にも鏡を見るようにしましょう。

身だしなみの注意点をまとめてご紹介します。

【顔】
メイクが濃すぎるのは不評です。男性の場合はひげの剃り残しがないように注意しましょう。その他、夏場は汗もケアしましょう。
【爪】
派手なネイルアートはNGです。薄い色や透明のマニキュアなら問題ありません。その他、爪は伸びすぎていたり、黒ずんでいると印象が悪いです。
【靴】
あまりにも汚れが目立つ靴は履いていかないようにしましょう。またブーツやミュール、サンダルはカジュアルな印象を与えるので避ける方がいいでしょう。
【髪型】
寝ぐせがある場合はしっかりと整えます。額は出す方が明るい印象になるのでおすすめです。
【服装】
特に指定がない場合は、スーツを着る必要はありませんがカジュアルすぎる服装は避けましょう。
【かばん】
服装に合ったかばんを選ぶのが基本です。また、リュックサックはカジュアルな印象を与えるので避けた方が無難です。

面接での振る舞いにおける注意点

面接でやってしまうと印象が悪くなる振る舞いについてまとめて紹介します。つい癖でやってしまいがちなものもあると思いますが、面接の時だけは気をつけましょう。

以下に、面接ではやらない方がいい振る舞いをまとめて紹介します。

【筆記用具をもてあそぶ】
ペンをカチカチさせたり、回したり、つい無意識でやってしまう方がいますが、面接では絶対にNGです。面接官が話している時にやるとかなり印象が悪いです。
【PCやスマホでメモを取る】
面接官が許可をもらっているならPCやスマホでメモをとっても問題ないでしょう。しかし無断で、いきなりスマホ、PCを取り出してメモを取るのは印象が悪いです。どうしてもスマホやPCを持ち込みたい場合は、面接官に許可をとるようにしましょう。
【姿勢を崩す】
足を組む、腕を組む、机に肘をつく、背もたれに寄りかかる、ひじ掛けを使うなどの振る舞いは印象が良くないです。面接でリラックスしてしまうと、このような振る舞いをしそうになりますが、注意しましょう。
【相手の目を見ない】
面接官が話している時に目を見ない、目を見て話さないなどは、とても失礼です。じっと見つめる必要はありませんが、適度に目を見て話すようにしましょう。その他、よそ見をする、窓の外を見るなども印象が悪いです。

面接での話し方における注意点

【ガキ言葉・おかしな日本語を使う】
以下の言葉はガキ言葉であり、幼稚な印象を与えるので絶対に使わないようにしましょう。

・ガチで
・めっちゃ
・超
・○○なんですよね
・っていうか
・また、こちらは日本語としておかしな言葉です。

続いておかしな日本語です。こちらも使わないように注意しましょう。
・○○系
・○○的な
・自分的には
・なるほどですね

【「うん」と相づちをする】
相づちは「はい」です。一度でも「うん」と相づちをしてしまうと、面接をなめているのかと思われます。絶対に使わないようにしましょう。

【先ほども申し上げましたが」と言ってしまう】
面接官はこれを言われると「もしかして同じ質問をしてしまっているのではないか」と焦ったり、わざわざ前置きすることに対してカチンときります。わざわざ使う必要のない言葉は、使わないようにしましょう。

とにかく第一印象にだけは気を配る

保育士の転職に限らず、多くの中途採用の面接では第一印象が非常に重要だといわれています。第一印象さえ良ければ面接は合格する、という人もいるほどです。

志望動機や自己PR、面接でのトークに自信がない方は、とにかく第一印象だけには気をつかうようにして面接に臨みましょう。

その他、面接に関して疑問や不安がある場合は、サポートがある転職サイトを利用してプロに相談することをおすすめします。保育士の仕事や転職事情を熟知したプロのコンサルタントがあなたの悩みを解決してくれます。そして転職を成功へと導いてくれます。

※転職サイトまとめはこちら

保育士求人に特化した転職サイト【おすすめ3サイトを紹介】
どの転職サイトがいいのかわからない! 求人が多い転職サイトを知りたい! 保育士専門の転職サイトはたくさんあってどれを使えばいいのか分かりませんよね。 そこでここでは、数ある転職サイトを調査し、自信をもっておすすめできる転職...