転職で後悔しないために最も大切なことは【転職の目的を明確にする】こと

スポンサーリンク

転職で後悔しないために最も大切なことは【転職の目的を明確にする】こと
転職するならば後悔はしたいないですよね。

転職で後悔しないために最も大切なことは転職の目的を明確にすることです。

別の保育園に転職する場合であっても、別の職種、業種に転職する場合であっても、「なぜ転職するのか?」「転職でどんな不満を解決したいのか?」といった転職の目的を明確にしましょう。

転職の目的を具体的に把握する

残業が少ない保育園で働きたい。
給料が高い保育園で働きたい。
以前から興味のあった仕事に就いてみたい。

このように、「なぜ転職をするのか?」という、“転職の目的”を明確にしておくことは、転職を成功させるうえでとても重要です。

転職の目的が曖昧だと後悔する

転職は今の職場、仕事に感じている不満を解決する手段です。解決するべき明確な不満がないのであれば、無理に転職する必要はないのです。

転職する人の中には、「3年たったから」「同期が転職していくから」など、転職すること自体が目的になってしまいっている人がいますが、これは全く本末転倒です。

転職する目的がなければ、どんな保育園、どんな仕事に転職すればいいのかが分からないので、転職先選びで苦労することになります。

仮に転職できたとしても、次の会社、保育園で少しでも嫌なことがあれば、またすぐに転職したくなってしまいます。

逆に「給料を上げたい」「人間関係の悩みを解決したい」など、解決したい不満・転職の目的が明確であれば、それを解決できさえすれば、ほかの条件が悪くなっても納得して仕事を続けることができます。転職してもすぐに辞めたくなることはないでしょう。

今の保育園、仕事に不満がないのであれば転職する必要はない

世の中には、周りにつられて、何となく環境を変えたいなど、今の仕事に不満があるわけではないのに何となく転職してしまう人がいます。

しかし、今の保育園、仕事に不満がないのであれば、わざわざ時間を使って転職活動をする必要はないのです。

転職活動をすれば、離職期間中は収入が途切れてしまいます。また転職すれば、新しい職場で、また一から仕事を覚えたり、人間関係を構築したりしないといけません。

転職には、ある程度リスクが伴うので、解決したい不満、転職の目的が明確に存在しないのであれば、無理に転職などする必要はないのです。

「今の仕事に疲れてしまい、少しの間休憩したい」という方もいると思います。そういう場合は、有給休暇をもらって仕事を休むか、思い切って退職してしまい、思い切り休暇を楽しむようにしましょう。

転職活動をしながら中途半端に休憩をしても、心は休まりません。どうせ休むなら退職するか、有給休暇を取るのがおすすめです。

幸い、東京の保育園はどこも人手不足なので、少しくらいブランクがあっても転職先を見つけるのに苦労することはないでしょう。

転職するべきか迷うならプロに相談してみる

転職サポートがある転職サイトを利用すると、保育士の仕事や転職について詳しいプロのコンサルタントが無料で相談に乗ってくれます。

「今、本当に転職するべきか悩んでいる」「転職した方が良いのかどうか分からない」などどんな疑問でも相談でき、客観的な視点でアドバイスをもらえます。もちろん無料です。

また転職活動を始める場合には、そのまま求人を探してくれたり、履歴書のアドバイスをくれたりと、転職活動を一通りサポートしてくれます。

以下のページでは、プロのサポートがあるサイト、をまとめて紹介しているので、もし相談する場合は参考にしていただければと思います。

プロのサポートを受けられる保育士専門転職サイトについて|具体的なサービス内容とサイト選びのコツ、おすすめのサイトを解説
保育士求人を専門にした転職サイト(求人サイト)のなかには、プロのサポートを受けられるサイトがあります。 エージェントということもあるのですが、これってどんなサービスなのか? 具体的などんなサポートを受けられるのか? わからない...
【保育士から異業種に転職】おすすめ転職サイト5つを紹介
保育士から別の仕事に転職を考えている方におすすめの転職サイトを厳選して紹介します。 別の職種、業種に転職する場合、未経験で転職することになると思います。そのため、未経験から始められる仕事を豊富に掲載しているサイトを中心に紹介してい...