内定を辞退したい時、保留にしたい時の対処法や注意点などを解説

スポンサーリンク

内定を辞退する 保留する保育士
複数の求人に同時に応募しながら転職活動をするのが一般的で、複数の応募先から内定をもらった場合は、内定辞退の返事をしなければいけません。その際、どのように内定辞退の連絡を入れるのがベストなのでしょうか?

また「第二志望の応募先から先に内定をもらったが、第一志望の応募先の結果を待ちたい」といったように内定の返事を保留にしたいということもあるでしょう。

そんなとき、どのようにお願いするのがベストなのでしょうか?

ここでは、「内定を保留にしたい時」と「内定を辞退したい時」の連絡方法や注意点を解説します。

内定を保留にしたい場合

保育園側としては、1日でも早く人材を確保して、仕事を任せたい考えています。

また、1人の応募者の採用を先延ばしにすると、他の応募者に選考結果を伝えられなくなる場合もあるので、採用側としては、内定に対する返事はすぐにでも欲しいと思っています。

そのため基本的に内定を保留にするのは簡単なことではないと心得ておいてください。

そのうえで、内定を保留にしたい時の連絡を方法や注意点を解説します。

「家族と相談するので返事を待って欲しい」と伝える

「第一志望の結果を待ちたいので返事を待ってほしい」
「第一志望が不採用だったら入職したい」
など、正直に伝えても、保留にしてもらえない可能性が高いです。

内定を保留にしたい時は、

「家族と相談したいので、1週間、返事を待っていただけないでしょうか。」

と、家族を理由にするのがベストです。

待ってもらえるは通常2日~3日、最長でも1週間程度

内定を保留の連絡をするときは、必ず、どれぐらい待ってほしいのかを伝えます。

ただし、待ってもらえるは通常2日~3日、最長でも1週間程度です。

逆に1週間以上待ってくれ、となると断られてしまう可能性が高くなります。

「内定をいったん受諾、後で辞退」は極力避ける

とりあえず内定を受諾しておき、第一志望から内定をもらえたら辞退する、という方法も考えられますが、こちらはできるだけしない方がいいでしょう。

内定を受諾した時点で、採用側は入社に備えて仕事に必要に備品を揃えたり、配属を考えたりと準備を始めます。

その時になって「やっぱり辞退します」と伝えてしまうと、多大な迷惑をかけることになります。場合によっては損害賠償を請求される恐れもあります。

内定の連絡をもらったら承諾か、辞退か、保留かの返事を早急にしましょう。

サポートがある転職サイトを利用している場合は、担当のアドバイザーに相談する

担当のアドバイザーはどこが第一志望でどこが第二志望なのかを熟知しているはずです。

アドバイザーに相談すれば、うまく応募先と話をつけてくれる場合もあります。

いずれにせよ、転職サポートがあるサイトを利用している場合は、担当のアドバイザーが応募先とやり取りすることになります。まずはアドバイザーに自分の希望を正直に話しましょう。

そのうえで、どうすればいいのかをアドバイスしてくれるはずです。

内定を保留にしたい時のポイントまとめ

最後に、内定を保留したい時のポイントをまとめます。

  • 「家族と相談するので待ってほしい」と伝える
  • いつまで待ってほしいかを伝える
  • 待ってもらえるのでは、通常2日~3日、最長でも1週間
  • いったん承諾、後日辞退はしない
  • 担当のコンサルタントがいる場合は、コンサルタントに相談する
【回答例】
内定をいただきました木村佐紀と申します。
この度は、評価してくださり誠にありがとうございました。

早速承諾お返事をするべきなのですが、この度は転職につきまして、今一度、家族と相談いたしたく、誠に勝手で申し訳ないのですが、あと3日、返事を待っていただけないでしょうか。

〇日には必ずお返事差し上げます。

内定を辞退したい時

もらった内定を承諾するかどうかの自由は、応募者側にあるので、内定辞退はそれほど難しいことではありません。

内定辞退の連絡は電話で、早急に!

辞退することが決まっているなら、電話で早急に連絡します。

採用側の保育園は、内定を出した時点で入社の準備を進めてしまう場合があります。採用側に迷惑をかけないためにも、早急に辞退の連絡は行います。

辞退の理由は正直に答える必要はない

辞退の連絡をしたい、「なぜ、辞退するのか?」その理由を聞かれることがあります。

その際は、○○園に採用が入職が決まりましたので、などと正直に伝える必要はありません。

「都合が悪くなりましたので」「他の園が是非にと言ってくれたので」といったように伝えれば納得してくれるでしょう。

サポートがある転職サイトを利用している場合は、担当コンサルタントに任せる

人材紹介サービスを利用している場合、辞退の連絡は担当のコンサルタントが代行してくれます。

こちら側は特別行うことはないはずです。

内定を辞退したい時のポイントまとめ

  • 辞退の連絡は電話で、早急に行う
  • 辞退の理由は、都合が悪くなった、などと伝える
  • 人材紹介サービスを利用している場合は担当コンサルタントに任せる
【辞退の連絡をする際のモデルトーク】
内定の通知をいただきました、木村佐紀と申します。
この度は評価してくださりありがとうございました。

せっかく内定をいただいたのに、誠に申し訳ないのですが、選考を受けていた別の園が是非にと言ってくださったので、ご辞退させていただければと思います。

御社にはご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。

転職エージェンを使えばプロのサポートが受けられる

「転職が初めてで、何をどう進めればいいのか分からない!」
「面接で何を話せばいいのかわからない!」

このような不安はサポートがある転職サイトを使えば簡単に解決できます。

なぜならプロのアドバイザーがあなたの転職活動を無料でサポートしてくれからです。

例えば、希望の条件に合致した求人を紹介してくれたり、面接のアドバイスをくれたり、疑問・不安の相談ができたりと、転職が上手く行くための支援をしてくれるのです。

※おすすめの転職サイト

保育士求人に特化した転職サイト【おすすめ3サイトを紹介】
どの転職サイトがいいのかわからない! 求人が多い転職サイトを知りたい! 保育士専門の転職サイトはたくさんあってどれを使えばいいのか分かりませんよね。 そこでここでは、数ある転職サイトを調査し、自信をもっておすすめできる転職...