【保育士】職場の人間関係を解決する方法とは?

スポンサーリンク

職場の人間関係に悩む女性

上司と合わない、同僚と合わないなど、いじめを受けているなど、職場の人間関係で悩みを抱えている保育士さんもいるでしょう。

一般企業に勤めている方であれば異動や転勤などがあるので、我慢すれば自然と解決できる場合がありますが、保育園という小さな組織では、そういった解決は望めません。

では、職場の人間関係の悩みはどうやって解決すればいいのでしょうか?

ここでは、その解決策をご提案したいと思います。

職場の人間関係を解決する4つの方法

友人、同僚、家族などに相談する

友人、家族、同僚、信頼できる先輩など、身近な人に相談することで、人間関係の悩みを解決できることがあります。

例えば、同僚に相談したら、実は同じ悩みを抱えていて、「悩んでいたのは自分だけではないんだ」と気持ちが楽になることがあります。

同じ悩みを共有できれば、愚痴を言ったり、笑いのネタにしたりして、ストレスを発散できるようにもなります。

もちろん根本的な解決になるわけではありませんが、誰かに相談することで、悩みが軽減され、仕事に支障がでない程度になることもあります。

また、別の仕事をしている友人がいれば、その人にも相談してみましょう。同じように職場の人間関係で悩んだ経験があれば、有効な解決手段を教えてくれるかもしれません。また悩みを共有することで、気持ちも楽になるでしょう。

信頼できる先輩、上司に相談する

保育園であれば、園長や主任が上司になると思います。

あまりにも問題のある保育士が周りにいて、悩んでいる場合は、上司に問題解決できないか相談してみましょう。解決のために動いてくれるかもしれません。

上司や園長との人間関係に悩んでいる場合、この方法は有効ではないので、別の方法で解決を試みてください。

相手を理解してみる

職場で嫌がらせを受けていたり、厳しくされていたりするのは、自分に原因があるのではなく、相手が何か問題を抱えている場合があります。

例えば、私生活に余裕がなかったり、仕事に余裕がなかったり、大きなコンプレックスがあったりする人は、その反動で人を攻撃してしまうことがあります。

そういった相手の事情を理解してあげると、気持ちが楽になることがあります。

例えば、嫌がらせをしてくれる人がいる場合、

「仕事ができないことを悟られたくないから、他人の仕事の邪魔をするんだ」
「バカにされたくない気持ちが強いから、人に強く当たることしかできないんだ」

など、相手を分析し、理解してあげるのです。

すると「なんか可哀そうな人だな」と同情できるようになり、気持ちが楽になることがあるのです。

もちろん自分を嫌っている人の気持ちを理解してあげることは、簡単なことではありません。「相手の気持ちなんて知らないよ」というのが普通でしょう。

ただし、少しでもいいので、相手の事情を理解してみようとしてください。

転職して人間関係をリセットする

転職は人間関係の悩みを解決する上で、かなり有効な手段です。

特に保育園は一般企業に比べ、とても閉鎖的であり、一度人間関係で悩むと逃げ場なくなり、ストレスを抱えることになります。

今の職場から抜け出す転職という手段は、だからこそ有効だと言えるのです。

転職してもまた同じ悩みを抱えるだけだという人もいます。確かに転職しても、また価値観の合わない人や厳しい上司と巡り合うこともあるでしょう。

しかし、職場が変われば人間関係も確実に変わるので、今抱えている悩みはとりあえず解決することができます。良い人たちに巡り合えれば、仕事も楽になります。

そもそも一度壊れた人間関係を修復することや、一度嫌いになった人を好きになることは難しく、現在の職場で解決を試みるにはあまりにも体力が必要です。

人手不足の保育園は多く、資格と経験さえあれば、転職は難しいことではありません。

人間関係に悩んで仕事で多大なストレスを抱え続けるのであれば、転職して、一度人間関係をリセットしてしまったほうが健康的です。

人間関係の良い保育園だけを紹介してもらえる転職サービスとは?

職場の人間関係で苦しむ保育士さんを救ってくれる転職サービスが存在します。

それが【保育エイド】です。

保育エイド

「保育エイド」では、

  • 厳しい上下関係がないアットホームな保育園
  • 派閥やいじめがない新規オープンの保育園
  • 人間関係が原因で離職する人が少ない保育園
  • 入職前に体験保育ができる保育園

上記のような、人間関係の良い保育園の求人だけを紹介してもらえます。その他、無料で転職コンサルタントによるサポートも受けることができ、面接や履歴書のアドバイスをもらえます。

人間関係で悩む保育士さんにとって、これほど心強い転職サービスは他にないでしょう。