保育士から異業種に転職【経験を活かせるおすすめの仕事】7つを全解説

スポンサーリンク

保育士から転職おすすめの仕事を紹介

保育士になったのはいいけれど、予想以上の激務や、人間関係の難しさ、給与水準の低さなどから転職を考える方もいるでしょう。

そこでここでは、保育士から異業種への転職でおすすめの仕事を紹介します。

紹介するのは、以下のような特徴のある仕事です。

  • 保育士の経験を活かせる
  • 無資格、未経験でもチャンスがある

保育士の経験を活かせるおすすめ仕事7つ

【接客業】


保育士の仕事の大きな強みは子供たちや親御さんたちと向き合ってきたことですから、接客業は比較的おすすめの仕事といえるでしょう。

たとえばホテル、旅行、アミューズメント(遊園地、ゲームセンターなど)、アパレル、雑貨屋などが挙げられ、

どの業界でも保育士としてたくさんの人と接してきたキャリアは重宝され、コミュニケーション能力を発揮できます。

とくに子供服専門のアパレルショップなら保育士の経験を存分に活かすことができます。

元保育士の目線で洋服選びのアドバイスができれば、お客様もかなり喜んでくれるはずです。

また、遊園地などのアミューズメント施設で働く職員などは子供たちを相手にする機会も多いため、これまでの経験を活かすことができます。

接客業では保育士として培ってきたコミュニケーション能力や、子供たちとの上手な接し方を活かすことが可能です。

【介護職】

介護職
次におすすめなのは「介護職」です。

保育士と介護の仕事には、安全に配慮して1日を過ごせるようにお世話をするという共通点があります。

デイサービスでは、レクリエーションも頻繁に行われますのでその際には保育士として身につけた、「遊びを通して楽しませる」というスキルを発揮できるのです。

介護業界では人手不足が叫ばれているので、求人はたくさんあります。

無資格OK、未経験OKの求人もあるため、今は資格を持っていなくても問題ありません。

働きながら介護関連の資格を取得していけば、業務の幅が広がり、収入アップも目指せます。

【幼児教育、子供教育の仕事】

塾 幼児教室
保育士としてのキャリアを存分に活かせる、「幼児教育や子供教育」を展開している企業への転職です。

保育士の免許があればさらに採用される可能性は高くなります。

こういった企業では事務、営業、教室管理までを任されることが多いので、保育士として学んだことにプラスして新たに勉強しなくてはならないことも出てきますが、やりがいを感じられる職種です。

また、関連した職種に学習教育の講師といった仕事もあります。

保育士を辞めても、子供と接する仕事には就きたいと考える人には最適です。

【事務、オフィスワーク】

事務職
保育士とは全く違う業種になる、「事務関係」の職種もおすすめです。

保育士としてもWordやExcelを使う機会はありますが、経験がないことで最初は戸惑うことも多いかもしれません。

そんななかで自分に与えられた仕事にじっくり取り組んでいくことで、パソコンのスキルアップを目指しながら安定して働くことができます。

事務職に転職するのであれば、保育士が仕事上でパソコンを使って書類作成をすることが多いという事実をうまくアピールしていくことが大切です。

書類作成が保育士当人にとって当たり前であるにもかかわらず、周囲の人々にはあまり知られていない場合もあるからです。

無理にパソコン関連の資格を取得する必要はありませんが、仕事でパソコンを利用した経験があること、WordやExcelの基本操作は可能であることを、履歴書・職務経歴書のなかでしっかりアピールするようにしましょう。

【医療事務】

事務職と接客業を兼ねた職種ともいえる「医療事務」の仕事です。

医療事務に求められるのは、病院に来院する人々の相手をする接客面でのスキルとカルテの入力などの、事務作業の面でのスキルの両方です。

もちろん医療事務の資格やパソコンの資格を持っていれば転職に有利ですが、資格がなくても応募ができる求人はたくさんあります。

また簡単なパソコンスキルがあれば、未経験でも十分に採用してもらえます。

医療事務の仕事に応募する場合も、仕事でパソコンを利用した経験があることをしっかりとアピールしましょう。

経験とスキルを活かせる【営業職】

総合職
意外に感じるかもしれませんが営業の仕事もおすすめです。

保育士の仕事は子供相手の体力勝負ともいわれていますが、営業の仕事も同じように体力勝負な面があります。

また、保育士の仕事には保護者の方との関係性に非常に気を使う仕事であり、対人関係のスキルを必要とする部分も。

知らず知らずのうちに保育現場で鍛えられた対人関係能力と呼ばれるヒューマンスキルは、営業の仕事に活かすことができます。

たとえば幼児向け玩具を販売するメーカー、人材募集を行う保育園に保育士を紹介する人材紹介会社、人材紹介派遣会社などの営業であれば、保育士の経験を大いに生きます。

保育士とは全く違う仕事に転職を希望する方にとってのキャリアチェンジという意味では、営業職はおすすめです。

色々な業務を経験できる【総合職】

総合職
総合職という職業、役職はありません。総合職とは、営業や企画、事務など、色々な仕事を任される可能性がある仕事です。

色々な仕事を経験していき、将来的に管理職や会社の経営に携わる仕事を任せることを想定した仕事です

どんな仕事を任されるかは、会社によって異なります。

保育士とは全く別の仕事を任されることになりますが、基本的に人とコミュニケーションをとること求められたり、企画を発案したりする何かを生み出すという仕事になり、

保育士の仕事と全く共通点がないというわけではありません。

基本的に未経験での募集が大半です。

「大きな仕事に携わりたい」「たくさん給料をもらいたい」「やりがいのある仕事に携わりたい」といった希望がある方であれば、挑戦してみる十分にあります。

ただし、総合職の募集があるのは20代までです。

20代であれば、異業種からの転職でも、ポテンシャルややる気で採用してもらえる場合があります。

しかし30代以降は、営業経験や管理職経験など、具体的なスキル・経験が求められてしまうため、総合職への転職はかなり厳しいです。

希望の仕事と、自分の持っているスキルを明確にしておく

「事務職がいい」「アパレル販売をやってみたい」など、保育士の方が転職をしようと考えたときには、どういった職種へ転職するのかを決めなくてはいけません。

自分の希望や挑戦してみたい仕事もないまま、何となく保育士を辞めたいと思っているだけでは、保育士の仕事から逃げたいだけだと思われてしまうからです。

転職面接どころか書類選考すら突破することができません。

また全く未経験の職に応募するときには、履歴書や面接時に自分の持っているスキルをうまくアピールしなければ、書類選考の段階で落とされてしまいます。

本気で転職をしたいなら、保育士という職業で得たスキルをできるだけ具体的に示していける職業に応募することを考えていきましょう。

これまで続けてきた保育士の仕事を辞めて新しい環境を手に入れたいと考えることは、自分のこれからのキャリア人生に新たなチャレンジをすることでもあります。

「自分の持っているスキルとは何か?」について真剣に考えてみましょう。

異業種に転職【おすすめ転職サイト】

RUN-WAY

Runway
「RUN-WAY」は完全女性向けの転職サイトで、掲載されている求人は“未経験歓迎”のものが大半です。

さらに人気のオフィスワークや美容・理容関連の求人が豊富。

これまで保育士の仕事しか経験してこなかった方でも転職できる仕事が豊富なので、まさに異業種に転職する方におすすめしたいサイトです。

またプロのコンサルタントによる転職サポートを受けることもできます。履歴書や面接に関すること、向いている仕事に関することなど、転職に関することであればなんでも無料で相談できます。

コンサルタントはこれまで働く女性の悩みを解決してきたプロの方です。

安心して転職活動を任せることができます。

サイト:RUN-WAY

とらばーゆ

転職サイトのとらばーゆ

リクルートが運営する女性向け転職サイトで、約5000件の求人を掲載しています。

  • 事務、オフィスワーク
  • 医療事務
  • アパレル・販売員
  • 美容系、エステティシャン
  • 介護士、介護関連職

上記のように、ここで紹介した職種は掲載されています。

また正社員をはじめ、契約社員、アルバイト・パート、派遣社員など

色々な雇用形態の仕事が掲載されています。

未経験歓迎、ブランクOK、ノルマなし、子育て支援あり、資格取得支援あり、など色々な条件の求人があり、

保育士から異業種に転職するなら、絶対にチェックしておくべき転職サイトです。

サイト: とらばーゆ
【保育士から異業種に転職】おすすめ転職サイト5つを紹介
保育士から別の仕事に転職を考えている方におすすめの転職サイトを厳選して紹介します。 別の職種、業種に転職する場合、未経験で転職することになると思います。そのため、未経験から始められる仕事を豊富に掲載しているサイトを中心に紹介してい...