【保育士の転職】履歴書の書き方と注意点まとめ

スポンサーリンク

履歴書書き方 保育士の転職 

ここでは履歴書の書き方のポイントをすべてまとめて解説します。

履歴書は自分のプロフィールを証明する重要書類です。

あまりにもの常識外れなことを書いていたり、手を抜いていたりすると不採用になります。

手を抜かず、全力で作成するようにしましょう。

履歴書サンプル クリックで拡大

履歴書の各項目に書くこと

日付

日付は、提出する日付を記入します。

書く日付ではありません。

年号は、元号(平成や昭和など)もしくは、西暦で記載します。

ここで、元号を使用した場合は、以降、すべての年号を記載欄は、元号を使用して記載します。

写真

証明写真は3ヶ月以内に撮影したものにしましょう。プリクラやデジカメで撮影した写真を切り抜くなどはNGです。無理に写真スタジオで撮影する必要はありませんが、最低限、駅などに設置されている証明写真用の撮影機を利用しましょう。

服装は、スーツの写真がベストです。スーツを持っていない場合は、襟付きのシャツにジャケットを着た服装でも問題ありません。パーカーやTシャツなど、カジュアルな服装で撮影した写真を貼るのはNGです。

髪の色は黒系の方が、印象が良いです。男性は、ひげを剃り、髪型も整えます。

その他、表情や姿勢、体の向きになどに注意して撮影するようにしましょう。

氏名

免許証や保険証などに記載されている正式名称を記載します。

ふりがなも省略せず記載します。下の名前がひらがなであってもふりがなは記載します。

生年月日

最初の日付を西暦で書いた場合は、生年月日も西暦で書きます。

最初の日付を元号で書いた場合は元号です。

年齢記載欄がある場合も忘れずに記載します。

※西暦=19○○年など 元号=昭和、平成など

現住所・連絡先

現住所は省略せずに記載します。都道府県名から住所、番地、マンションやアパートの場合は号室も記載します。

連絡先は携帯電話の番号でも、自宅の番号でも問題ありません。連絡が来た時に出やすい方を記入しましょう。

メールアドレスを記載する場合は、PCのメールアドレスの方がいいでしょう。@ドコモや@ソフトバンクなどのアドレスだと、迷惑メールに振り分けられてしまい、受信できない可能性があります。

学歴・職歴

履歴書学歴欄サンプル画像

学歴は、高校以降から記載するのが一般的です。つまり、「○○高等学校入学」から記載します。

学校名は略さず、正式名称を、大学は大学名の後に学部学科をしっかり記載します。

職歴が複数ある場合は、それぞれの入職・退職年月を記載します。西暦、元号は履歴書全体で統一されます。(最初の日付を元号で書いたらそれ以降はすべて元号で書く)

退職理由は一身上の都合で問題ありません。

また離職中にアルバイトや派遣などで働いて場合をしていた場合も、しっかりと記載します。記載がないとブランクがあるとみなされて、印象が良くありません。

免許・資格

保育士、もしくは幼稚園教諭の資格を正式名称で記載します。

資格欄は、どんな資格でも書いていいというわけではなく、あくまで仕事に関係する資格、自己アピールに繋がる資格だけを記載します。

例えばワインソムリエのような資格を書いても、何のアピールにもならないので書かない方がいいです。

逆に育児や保育に関する資格を持っているなら、しっかりと記載しましょう。アピールになります。

また、運転免許証は例外で、仕事に関係なくても記載して大丈夫です。(ちなみに正式名称は「普通自動車運転免許」)

志望の動機、特技、好きな学科、アピールポイントなど

この欄には、退職理由と志望動機を記載するのが無難です。志望動機のなかにアピールポイントも含めるとなおいいです。

文字の大きさや行間にも注意しましょう。小さい文字で隅までびっしり書くのは読みづらいです。

ポイントを絞って簡潔に記載することが大切です。

本人希望記入欄

本人希望記入欄は、自分の率直な希望を書く欄ではありませんので、注意してください。希望月収や休日の希望などは、面接や内定後に採用側と話し合うべきものなので、記載するべきではないです。

本人希望記入欄には、入職可能時期、連絡方法、予備の連絡先、連絡の取りやすい時間帯などを記載しておくといいでしょう。

その他、親の介護、育児などの事情で勤務先が限定される場合は、希望勤務先を記載しても問題ありません。

履歴書を作成する際の注意点

履歴書は手書きが無難

履歴書は手書きかパソコンか、といったことがよく議論されますが、無難なのは手書きです。

特に保育士の仕事は文字を書く仕事が多く、採用側も字の読みやすさを見ている可能性があります。

手書きで履歴書を作成するのは面倒であり、とても神経を使いますが面倒がらず手書きで作成することがおすすめです。

できるだけすべての欄を埋める(空欄を残さない)

空欄が多いと、やる気がない、適当に応募している、などと判断される可能性があります。

履歴書に用意されている項目はできる限りすべて埋めて、応募先で働く意思があることを伝えましょう。

6ヶ月以上のブランクがある場合は、その期間のことを簡潔に記載する

育児や親の介護、その他の事情で6ヶ月程度仕事をしていなかった場合は、その期間のことを職歴の欄に記載しましょう。

6ヶ月以上のブランクがあると、採用側はその間に何をしていたのかを気にします。

育児をしていたのであればそのことを、資格取得の勉強をしていたのであればそのことを記載します。

また、短期でアルバイトや派遣などの仕事を転々としていた場合は、すべてを記載するのではなく、アピールになる経歴や代表的な経歴だけを記載しましょう。

面接で何か質問された時に詳細を話せば問題ありません。

修正液、修正テープなどで、修正するのは絶対にNG!

修正液や修正テープなどで、修正した後があると、とても印象が悪いです。

消せるボールペンは使用しない

フリクションのような消せるボールペンで書いてはいけません。

消せるボールペンは、温度や摩擦によって消えてしまいます。カバンに入れている時やコピーする時、郵送する時などに文字が消えてしまう可能性があります。

履歴書は自分の職歴やプロフィールを証明する大切で重要な書類ですので、“消えない黒のボールペン”で丁寧に書くようにしましょう。

間違えたら新しい履歴書を用意して、一から書くようにしましょう。

履歴書は原則、黒のボールペンで記入します。