保育士の資格を活かせる!保育士が転職できる様々な施設6つを紹介

保育士の資格を活かせる!保育士が転職できる様々な施設6つを紹介

保育士さん活躍の場は一般的な保育所(保育園)に限りません。

他にも、認定こども園や事業所内保育所など、様々な活躍の場があります。

各施設形態によって、仕事内容や勤務形態、職場の雰囲気などが異なります。転職を考える保育士の方は、保育士の資格を活かせる色々職場を知って、自分に合った職場を探してみましょう。

保育所

「保育所」は、通称「保育園」と呼ばれる施設形態で、自治体の認可を受ける認可施設です。

公立と私立(福祉法人、企業立など)があります。

公立保育所

公立保育所で働く場合には、地方自治体の職員として、つまり、地方公務員として働くことになります。採用試験には、筆記試験、面接、論文などがあり、また、自治体によって年齢制限などもあります。

仕事内容は、私立の保育所と変わりませんが、休みが取りやすい、給料が高いなど、勤務条件でメリットがあります。ただし、人事異動があり、2、3年で保育所の移動を命じられることもあります。

求人に関しては、各自治体のホームページで募集しており、一般的な転職サイトには掲載されていません。

私立保育所

企業や福祉法人が運営する保育所です。

公立に比べて数が多く、また一般的な転職サイトから求人を探すことができます。

採用試験は、書類選考と面接、もしくは面接だけ、という場合が多く、公立保育所に比べて採用ハードルは低く設定されています。

また、パートや契約社員、派遣社員など、様々な雇用形態で働けるのも特徴です。パートや派遣社員であれば、週4日勤務など、自由度の高い働き方ができます。

ただし、職場によっては、勤務条件は各保育所に異なるので、転職・就職先を決める際には、勤務条件をしっかりと確認しておく必要があります。

認定こども園

2006年に開始された「認定こども園制度」によって、設立された施設で、幼稚園と保育所、両方の機能があります。保護者が働いているかどうかにかかわらず、0歳~5歳児が、保育と幼稚教育の両方を受けることができます。

「認定こども園」には、「公立」「私立」の双方があります。また施設によって「幼保連携型」「幼稚園型」「保育所型」「地方裁量型」の4つのタイプがあります。

施設のタイプによって、就業条件や仕事の内容が若干変わる場合があります。

「認定こども園」は、一般的な保育所に比べて、またまだ求人は少ないですが、毎年増えつつあります。求人に関しては、一般的な保育士・幼稚園教諭専門の転職サイトで探すことができます。

幼稚園教諭と保育士、両方の資格を持っていることを採用条件とている施設もあれば、保育士の資格だけでも採用してもらえる施設もあります。

勤務条件は1日8時間制が基本です。早朝や延長保育もあるため、シフト制の場合がほとんどです。

小規模保育

「小規模保育」は、0歳児から3歳児未満を対象とし、定員が6人から19人以下で行う施設形態のことです。

  • 小規模であり落ち着いた環境で働ける
  • 会議、行事などが少ない
  • 職員、保護者の数が少ないので人間関係が楽

など、メリットがたくさんあるため転職する保育士さんには人気があります。また保育士の資格を持っていなくても、一定期間研修を受ければ働けるという特徴もあります。

求人は一般的な保育士専門の転職・就職サイトで探すことができます。

事業所内保育所

病院や企業に設置されている託児所です。

同じ敷地、もしくは近隣に設置されており、病院・企業の営業時間に合わせて開いています。そのため残業は少なく、休日はカレンダー通りです。保護者は近くに勤務しているので、もしもの時は連絡をすぐに取ることができます。

また大きな庭園やホールがない場合がほとんどなので、大規模な行事はありません。職員も少ないので人間関係が楽であり、時間にも、精神的にもゆとりを持って働けるのが特徴です。

求人は、一般的な保育士専門の転職サイトで見つけることができます。

事業所内保育所の求人限定!【保育バランス】とは?
事業所内保育所で働きたい 残業、休日出勤がない職場で働きたい 時間に余裕をもって働きたい そんな願望を持つ保育士の方におすすめしたいのが「」です。 保育バランスは、保育士専門の転職サービスの中で、唯一、事業所内保育所...

学童施設・学童クラブ

主に小学1年生~6年生を、授業終了後に預かる施設です。自治体や民間が運営するものなど様々です。

勤務時間は、平日は学校の授業終了から18時、19時までが一般的ですが、21時まで開園している学童施設もあります。

休日は朝の8時や9時から19時までなど、施設によって様々です。

小学生を預かる施設ですが、保育士の資格を必須としている場合がほとんどです。

求人は一般的な保育士専門の転職・就職サイトに掲載されています。

自治体や各施設によって、勤務時間や仕事内容、勤務条件が異なるので、学童施設・学童施設で働く場合は勤務条件などをしっかり確認しておくようにしましょう。

その他、認可外保育施設

認可を受けていない保育施設はすべて「認可外」となります。

企業立や個人立など様々で、施設によっては自治体の助成を受けているものや、受けていないものもあります。

施設によって勤務条件や待遇は様々なので、応募する際はしっかりと確認しておくようにしましょう。