主任の仕事とは? 具体的な仕事内容や条件などを解説

スポンサーリンク

主任の仕事とは

保育士の求人を見ていると、「主任候補」「将来的には主任を担当していただきます」といった文言を見かけることがあると思います。

また、ゆくゆくはスキルアップして主任として活躍したい、という方もいると思います。

そこでここでは、「保育園の主任とはいったいどのような仕事なのか?」について解説していきます。

保育園の主任の仕事とは?

主任は、園長や副園長の仕事を助けながら、園の保育士のリーダーとして全体をまとめたり、代表として意見を述べたりするのが仕事です。

具体的には以下の通りです。

  • フリーの立場で他のクラスの保育の補助
  • 園長の補佐や事務仕事
  • 実習にきた学生の指導や指導案の作成サポート
  • 新人保育士、経験の浅い保育士の指導
  • 保護者への対応
  • 園長、副園長が不在の時は、その代理業務

ただし、園によって主任の仕事内容、業務範囲は異なります。

例えば、クラスを持たずにフリーの立場で保育の補助に入る場合もあれば、クラスを持ちながら他のクラスの補助に入る場合もあります。

その他、園長の仕事を助けたり、事務仕事を任されたりするこもあり、時には、自分のクラスを持ちながらそういった業務を同時に行うこともあります。

また保育者の代表として、労働環境を改善したり、限られた保育者に業務に偏らないようにするなど、職場の調整役をすることもあります。

新人教育

主任は保育経験が豊富であるため、新人や若手の保育者の指導などを任される機会が多くなります。

新人であろうとも、保育者は大切な子供の命を守り、育ちを支えるという重要な仕事です。主任は仕事のサポートをしたり、保育の振り返りしたりしながら、若手が専門の保育士として一人前になれるように指導をするのです。

主任になる条件

保育園によって、保育士のトップとして主任を置く場合と、園児の学年や年齢などで区分されたリーダーして、主任を置くこともあります。例えば、3歳児クラスの主任、
学年主任や幼児主任、乳児主任など、です。

勤続年数の長い保育士やが多い園や歴史のある保育園などは、20年以上の保育士経験を持つベテランが主任に抜擢(ばってき)されます。

保育者の勤続年数が短い園や、創立したての保育園などは保育経験が5年ぐらいでも主任を任されることがあります。

主任を任される条件については、保育園によってバラつきがあります。また経験が豊富だからといって任されるということではなく、やはりリーダーシップやコミュニケーション能力といった資質が問われることもあります。

大変な面もあるが、やりがいのある仕事

主任は、園長、副園長の役割、そして保育士としての役割など、保育園のすべての仕事に携わる機会のある仕事です。

一般的に保育士にくらべて仕事の量は増えるので、身体的につらくなることもあるでしょう。また、保護者の対応の対応に追われて精神的に苦労することもあるでしょう。

しかし、園長と保育士のパイプ役なり、保育士の労働環境を見直したり、園の方針を見直したりと、保育園のなかではかなり重要な仕事を経験できます。大きなやりがいを感じられたり、スキルや経験を積める仕事でもあるのです。