保育士の転職に適した時期は?求人が多い・ライバルが少ない時期を紹介

スポンサーリンク

スケジュール

転職をするのに適した時期はいつなのか? そんな疑問を持っている保育士の方もいるでしょう。

一般的にいわれるのは、4月入職を見据えた、2月、3月です。この時期は求人が多くなるので、転職に適した時期といわれます。

しかし、それ以外にも転職に適した時期が存在します。

ここでは、「なぜ、2月、3月が適しているのか?」についてと、2月、3月以外の時期について解説します。

求人が増える2月、3月がおすすめ

慢性的な保育士不足の昨今、どの時期でも、保育士の募集はあります。

しかし、強いていうなら2月、3月がおすすめです。新年度の4月に備えた採用活動が始まり、求人の全体数が多くなるからです。

色々な条件で求人を探せる

求人が増えるので、色々な条件で求人を探せるようになります。例えば、平均よりも高い給料で募集している保育園を見つけられたり、家から近く通いやすい保育園を見つけられたりと、満足できる条件の保育園が見つけやすくなるのです。

また新卒の保育士を十分に採用できなかった保育園が、人材確保に焦り、条件を良くする場合もあります。

同期が多いので働きやすい

2月、3月に転職活動を行う場合、入職は4月になります。4月は入職する人が多い時期であり、同期が多くなるのです。

ベテラン保育士しかいない職場に新人が1人、入るよりも、新人が何人か同時に入ってくれた方が、当然働きやすいです。職場の雰囲気や価値観、暗黙の了解を知らない人が多ければ、自分が変に目立つこともありません。

また、ブランクがある方や保育士未経験の方は、4月に入職すれば、同時入職同士の研修を受けられる場合もあります。

4月入職の場合、保護者・園児と信頼関係を築きやすい

園児の立場で考えた場合、途中で保育士が変わると、寂しさや戸惑いなどの複雑な気持ちを抱く場合があり、信頼関係を築くのが難しい場合があります。逆に、4月入職ならば、年度の初めから園児の面倒を見られるので、信頼関係を築きやすくなります。

保護者の立場からも、年度途中で保育士が変わるよりも、4月から、1年を通して同じ保育士の方が安心できます。保護者との信頼も築きやすくなります。

保育園としては、新年度の準備時に保育士の配置を考えやすくなります。人事関係の事務処理や研修も新入職員と一緒にすることができ、効率化も図れます。

ライバルが少ない時期を狙うなら4月、8月、12月

4月は新年度が始まり、バタバタした時期です。新しい環境で働き始める人が多く、転職を考える人はほとんどいません。

8月は夏休みと重なり、休みモードになっている人が多く、転職を考える人が少ない時期です。

12月は年末のバタバタした時期と、正月休みが重なり転職を考える人が少ない時期です。

上記の4月、8月、12月は転職活動を始める人が少ないので、求人の倍率が下がります。

もちろん1月、2月、3月に比べれば求人は少ないですが、その分ライバルも減るので転職活動がしやすく、希望に合致した保育園から内定をもらえる可能性が高いです。

「転職したい!」と思った時が転職に適した時期

ここまで、求人が増える時期やライバルが少ない時期を根拠に、転職に適した時期を解説してきました。

しかし、「今すぐにでも転職したい」と思うなら、適した時期を待たず、すぐに転職しても問題ありません。

例えば、職場の人間関係が辛い、労働時間が長い、残業代をもらえないなどの事情がある場合、我慢して働いてもストレスになるだけです。我慢を続けて体を壊したり、精神的に病んでしまったりすれば、仕事を続けられなくなり、収入も途絶えてしまいます。

幸い保育士は、一般的な職種とは違い、慢性的な人手不足です。どの時期に転職活動を始めても、ある程度の求人を見つけられます。

もっとも優先するべきは自分です。「今すぐにでも転職したい」と思うのであれば、職場の都合や保護者の都合は関係ありません。すぐに転職活動を始めましょう。