仕事が辛い・人間関係が嫌!逃げの転職はアリ? 逃げの転職の注意点や成功させるポイントを解説

スポンサーリンク

転職について悩む女性

残業や休日出勤、行事が多くて仕事が辛い。
給料が低い。
職場の人間関係が嫌で転職したい。

このような理由での転職が「逃げの転職」と表現されることがあり、「逃げの転職は失敗する」といわれることがあります。

しかし、実際にこのような理由な転職を考えている保育士さんも多いはずです。というよりほとんどこのような理由でしょう。

では、本当に逃げの転職はいけないのか? 逃げの転職は失敗するのか?

このような疑問について解説するとともに、逃げの転職を成功させるためのポイントを解説します。

なぜ「逃げの転職」は失敗するといわれるのか?

転職で悩む女性保育士

なぜ「逃げの転職」は失敗するといわれるのでしょうか?

その主な理由は

「結局どこの職場でも嫌いな人や嫌いない仕事、面倒なことがあり、転職してもまた同じ理由で転職したくなるから」

といったものです。

そして、「転職するのではなく、今の職場にいながら解決策を考えることが大切」といわれています。

しかし本当に、転職してもまた同じ理由で悩むことになるでしょうか。一緒に働く人間が変わっても、働く場所が変わっても、悩み続けることになるでしょうか?

「逃げの転職」が失敗するとは限らない

気合を入れる保育士

職場を変えれば、人間関係も労働環境も変わる

全く同じ人間関係、労働環境という職場は存在しません。職場が変われば当然、人間関係も労働環境も変わります。

保育園の規模が変われば価値観、理念、仕事の進め方も変わります。職員も変わります。

もちろん転職して状況が悪くなることもあるかもしれません。しかし、良くなる可能性も存分にあります。

現在の職場が辛くて仕方がないという場合、そこが底辺となるわけですから、状況が良くなる可能性の方が高いでしょう。

確かに、「転職してもまた同じ理由で転職したくなる」ということもあるかもしれません。しかし、理想の職場に巡り会える可能性もあるのです。

転職は人間関係や労働環境を変えるとても有効な手段です。「逃げの転職は失敗する」という意見は全くに気にしなくていいでしょう。

自分の人生を守る方が大切

今の職場がとても忙しくて休む時間がない、職場の人間関係が嫌、という場合、無理やり仕事を続けていても、身体的、精神的にストレスがかかるだけです。

身体を壊してしまったり、精神的に病んでしまえば仕事を続けられなくなってしまいます。最悪の場合、私生活に支障をきたすことになります。

仕事が原因で、私生活にも影響がでるぐらいなら、無理に我慢せず、嫌な職場から逃げた方がいいでしょう。新しい職場で新しい人生を始めた方が、よほど良い人生になるでしょう。

「逃げの転職は失敗する」という誰かいったか分からないような意見を守るよりも、自分の大切な人生を守る方がよほど大切です。

逃げの転職を成功させる方法とは?

最後に、人間関係や労働環境が理由の転職、つまり逃げの転職を成功させるポイントをいくつか紹介します。

転職コンサルタントのサポートを受ける

保育士求人を紹介してもらえる転職サイトには、専門のコンサルタントのサポートを受けられるものがあります。

逃げの転職を成功させる、手っ取り早くて確実な方法は、「転職コンサルタントのサポートを受ける」ことです。

転職コンサルタントは保育士の仕事や転職事情に精通したプロの方です。

そして具体的に受けられるサポートは以下の通りです。

  • 保育園の雰囲気を入職前に教えてもらえる
  • 退職理由の効果的な伝え方を教えてくれる
  • 人間関係が良い保育園や残業が少ない保育園などを紹介してくれる
  • 仕事の悩みや転職の悩みを相談できる

人間関係が嫌、仕事が忙しい、給料が低いなど、どんな理由であれ、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

転職コンサルタントのサポートが受けられる保育士専門転職サイト紹介

[st_af id=”587″]
[st_af id=”761″]
[st_af id=”764″]