保育士向け転職フェアとは? 参加のメリットや参加方法などを解説

スポンサーリンク

転職フェアに参加

転職フェアとは、簡単にいうと合同企業説明会のようなイベントです。

転職フェアというと一般企業が出展するものをイメージしがちですが、実は保育士さん向けの転職フェアも開催されているのです。

では、保育士向け転職フェアとは、具体的にどんなイベントなのか? 
参加するとどんなメリットがあるのか?
どうやって参加すればいいのか?

このページでは解説していきます。

転職フェアとは?

大学生の就活の時期になると、合同企業説明会の様子がテレビで放送されることがあると思います。

保育士向けの転職フェアは、大学生向け合説の規模を少し小さくしたようなものです。

中規模のホールに保育園を運営する福祉法人や企業が20~30社がブースを設置し、好きなブースを自由に訪れることができ、園の人と直接話せるイベントです。

服装自由で気軽に参加できる

合説といえばスーツを着ていくイメージがあるかもしれませんが、それは一般企業が集まる合説です。

保育士向けの合説(転職フェア)は基本的に服装自由です。

もちろんサンダルやカジュアルすぎる服装、派手すぎる服装は避けるべきです。

履歴書や職務経歴書は必要なし

転職フェアに持参するものは筆記用具ぐらいで、その他、履歴書や職務経歴書、証明写真などを持っていく必要はありません。

会場への出入りも自由、服装も自由、持ち物の筆記用語さえあればいいのです。

転職フェアはとても気軽に参加できるイベントなので、買い物ついでにでも参加することができます。

転職フェアに参加するメリットとは?

一度にたくさんの保育園の採用担当者と話せる

転職フェアの最大の特徴は、一度に、たくさんの保育園の採用担当者と、直接話せることです。

一般的なルートで転職活動をすると、面接の時まで保育園の人と顔を合わせることはできません。また面接は選考の場なので、自分の評価を心配して聞きたいことも聞けません。

しかし転職フェアは、選考の場ではないので、どれぐらい残業があるのか、どれぐらい忙しいかなど、どんなことでも質問することができます。

その保育園で実際に働いている人が来てくれるので、どんな人と一緒に働くことになるのかを事前に知ることができますし、園の雰囲気や理念なども具体的に聞けます。

保育士の転職に詳しいキャリアアドバイザーに相談できる

転職フェアは保育園の職員の話しを聞けるだけでなく、キャリアアドバイザーに転職相談をすることができます。

保育園とは別で、相談コーナーが設けられており、そこで転職や仕事に対する不安、悩みを相談できるのです。

キャリアアドバイザーは、保育士の仕事や転職事情に精通した人なので、保育士の仕事に関することならどんなことでも相談可能です。

相談はもちろん無料。

転職フェアに参加する方法とは?

事前登録や予約の必要はなく、転職フェアが開催されている日に、その場所にいくだけで参加可能です。

ただし、転職フェアは年がら年中開催されているというわけではなく、数か月に一度程度です。

事前に、開催場所と開催日時はしっかりと調べておくことをおすすめします。

転職フェアを実施している転職サイト

保育士バンク転職フェア

転職フェアは、保育士専門の転職サービスである「保育士バンク」が主に実施しています。

東京だけでなく、大阪、福岡、名古屋、仙台など、全国各地で開催されています。

「保育士バンク」転職フェアの詳細はこちら
http://www.hoikushibank.com/feature-segments/fair